理事長メッセージ

 

理事長 伊藤文子
なぜ、プラチナ美容塾を立ち上げたか?

株式会社ポーラを60歳で定年退職後、港区消費者推進員、シルバー人材広報委員、自治会役員、区保健福祉委員などを務めるかたわら、港区介護予防リーダー研、社会福祉協議会での傾聴ボランティア活動を体験しました。

その中で、超高齢者問題に直面し、地域の役に立って喜ばれること、自分ができることで好きなこと、しかも継続できることに取り組みたいと考え、会社員時代のキャリアを活かした「美容」が、高齢者を元気にするお役立ちキャリアと気づきシニア美容教室を開きました。

35年以上の美容指導キャリアを共に持つ同会社の同年代の仲間3名と共に、「如何に若く、素敵に、元気に、年を重ねるか」を合言葉に、いつまでも輝くプラチナ世代のための美容塾「プラチナ美容塾」を立ち上げました。

なぜ、美容ボランティアを始めたのか?

定年退職した年に実母を亡くし、その時、実家の母の病床に付き添えなかったことへの後悔から、自宅近くの高齢者施設で美容ボランティアを開始したのがキッカケです。

活動の度に、高齢者から戻ってくる笑顔がうれしくて、定期訪問の美容ボランティア活動を美容塾の希望者と共に活動を始めました。

その翌年、理事が全員60代のNPO法人プラチナ美容塾が誕生しました。

趣味

美容、露天風呂、音楽、読書、映画、グルメその他五感をくすぐる旬の話題や流行に興味あり。

信条

求めよ、さらば与えられん! 尋ねよ、さらば見出さん! 叩けよ、さらば開かれん!